会社概要
会社概要
沿革
アクセス
サービス
ビル経営・運営
総合管理
保安警備
環境整備
設備管理
オプションプラン
お問合せ・資料請求
採用情報
プライバシーポリシー
Copyright


ビル運営
ビル経営&運営を完全バックアップ

人間が一人一人違うように、ビルにも個性があります。 弊社では、ビルの運用形態や規模に合わせた最適な設備管理をご提案します。常駐設備士が常に目を光らせる保守管理体制を敷くケースはもちろん、常駐が必要でない場合でも、そのビル設備の特性を知り尽くした担当者が頻繁に巡回点検をおこない、少しの変化も見落としません。ボイラー技術者、電気主任技術者、空調設備技術者といった各分野のエキスパートたちが、万全の体制でメンテナンス業務を遂行します。

業務内容
 

● 常駐機械設備保守点検

ビルに常駐することにより、定められた時間にビルを巡回。冷熱源や空調などの各種機械設備を中心にきめ細かく保守・点検し、事故の予防とビル全体の設備保全に努めます。5,000uを越えるビルの場合は、設備士の常駐をお勧めします。


 
 

● 設備の緊急対応     ● 24時間対応



 

● 巡回機械設備保守点検

巡回により諸設備の保守・点検をおこないます。ビルの規模に応じて月単位の巡回回数を設定し、定められた方法に従い保守・点検を実施。また設備に関する万一の事故発生時には、緊急出動により対応します。
 


● 電気工作物巡視点検

電源を遮断しないで点検する外観点検をはじめ、電圧、電流、電力量などを記録する月次点検、さらに梅雨期、台風期、降雪期など電気工作物に異常発生のおそれがあるときに実施する臨時点検などがあります。月単位の点検回数を決め速やかに確実に実施します。



● 常駐電気設備保守点検

主な仕事は、受電設備の保守点検が中心となります。常駐電気主任技術者による監督が求められ、年1回の点検などをおこないます。ビルに常駐することにより、定められた時間にビルを巡回し、電気設備の点検で事故を予防します。



● 設備定期点検整備

設備定期点検設備には、次の項目を設けています。
●空気調和設備●給排水衛生設備●電気設備●消防設備●昇降設備、それぞれについて、徹底した点検整備を定期的に実施。法の定めに基づく点検設備をおこなうと同時に、必要報告書類を作成します。


● 建築設備定期検査

建築設備検査資格者は、建築基準法に指定された特殊建築物の維持管理が適正におこなわれるよう調査または検査をしてその結果をオーナー様に報告します。


● 特殊建築物定期検査

特殊建築物検査資格者は、建築基準法に指定された特殊建築物の維持管理が適正におこなわれれうよう調査または検査をしてその結果をオーナー様に報告します。